銀の日常

僕の日常とこれからの物語

久々のソロキャンプ

今日は、休み。

 

そして、久々のソロキャン。

 

昨日の動画編集で、夜更かしした体を奮い立たせる。

実際動き始めたのは、14時過ぎだったのだけど。

当日の予約で、場所を確保できたのは、天気が悪かったためなのだろうけど

 

そのおかげで、確保できたのだから、良かった。

 

僕は、雨の日のキャンプも好き。

 

雨の音を聞きながら、小説を読むのが大好き。

 

小さい頃、母親が同じことを言ってたのを思い出す。

 

そんなこんなで、準備をして、14時半に、現場に向かう。

 

途中、灯油と、食材を買って。

 

16時過ぎに、現場に到着。

 

ふぅ。っと。

一息ついてから。

設営。

まずは、テントを貼る。

テントは、アルペングループが、出しているプライベートブランドの、【イグニオ】という。

ワンポールテントである。

 

インナーテント付きで、かなりお買い得。

 

しかも、ソロだとかなり広い。

 

子供1人と大人1人余裕で寝れる。

 

御座敷スタイルにすれば、大人2人も余裕である。

 

しかも、ワンポールなので、設営がしやすい。

 

とくに、デメリットが見当たらない。

 

あるとすれば、パンダTCや、サーカスTCのが人気ということかな。

 

知名度があまり無い。w

 

そんなんだけど、僕は気に入っている。

 

さてと。

 

設営を終えて。

軽く飲んで、まったりして、ご飯食べて。

 

本読んで、今ブログを書いてるわけだけども

 

なぜキャンプがこんなにも素敵なのか。

魅力的なのが。

改めて考えてみた。

 

一つは、自分の時間を作れること。

 

二つ目は、何がしたいのか明確であること。

 

三つ目は、自然と遊ぶこと。

 

この3点かなと僕は思う。

 

一つ目のソロできているからということもあるけれど、誰にも干渉されずに、時間を過ごせるということ,

二つ目の自分のしたいことをできる。もしくは、やりたいと思っていたことを、考える時間を作れること。

3つ目の、自然と遊ぶということで。

些細な楽しみに気づけること。

 

この三点が、キャンプの魅力だと思う。

 

そんなキャンプに、魅了されて一年が経つ。

 

まだまだ、やりたいことは、山ほどあるけれども。 まずは、今日を楽しむことから。

 

雨が降っていて、焚き火はできないけれど、その代わりに、雨の音を聞いて、小説を読むことはできる。

 

本来の楽しみの全ては、自然の中に隠れているのだと思う。

 

そんなお父さんの休日でした。