銀の日常

僕の日常とこれからの物語

日曜昼の2時という時間帯に、切なさを感じる。

昨日の、キャンプを終えて。

思ったことがある。

 

やはり。僕の場合。

 

【ソロはソロで、グループでもソロであるべきだと思った。】

 

なぜなのかと、考えた結果。

まずは、

ソロキャンプとグループキャンプで、メリット、デメリットを考えてみることにした。

 

まずは。

グループキャンプ

以下(グルキャン)について

 

【グルキャンのメリット】

・共通の趣味の仲間と、キャンプを共有できる!!

【グルキャンのデメリット】

・集団行動であり、自分のペースで楽しめない。

 

グルキャンのメリットは、なんといっても、「楽しみを共有できる」ことである。

ワイワイとみなと楽しめば、酒も進むし、会話も弾む。

何にせよ。焚火の時の会話、空間を共有することは、とても魅力的だと思う。

 

グルキャンデメリットと言えば、集団行動である。

「ふとした、気づきや、行動を制御されることである。」

皆が、動けば、自分も動く。

ご飯も一緒、焚き火も一緒、寝るのも一緒。

「空間を共有すること」は、逆にデメリットでもある。

 

むむむ??

 

要するに、【メリットとデメリットは、共通している」と、気付く。

 

【ソロキャンのメリット】

・自分の時間を持てる。

 

【ソロキャンデメリット】

・誰かと共有したくなる

 

ソロキャンのメリットといえば、何といっても、「自分の時間を確保することができる」

と言うことに、つきるだろう。

 

忙しく、仕事を終える現代サラリーマンには、もってこいの趣味である。

 

帰ってからも、家事、育児、仕事、におわれる。

 

社会人のみなには、プライベートな時間が、なによりも重要でニーズがあることだと思う。

 

【ソロキャンのデメリット】

 

そんな。ソロキャンでも、デメリットは、ある。

自分が、今いる空間を「共有したくなる」のである。

 

むむむ??

 

これも、また。

 

不思議と、デメリットは、メリットと共通しているのである。

 

グルキャン、ソロキャンのメリット、デメリットを踏まえて、よく考えてみると。

 

今現在流行っている

(ソロで、やっているキャンプ仲間達と一緒にキャンプをする)と言うことにつながることが分かる。

 

ご飯も、飲み物も、焚き火台も、寝床も。

 

全て、自分のものを使用する。

 

そして、食材や、焚き火の空間をシェアをする。

 

そして、自分のテントに帰る。

 

ソロキャンプが、流行っている原因は。

 

(グルキャンのデメリットを補う行動をできる)と言う事である。

 

そんな考えに行き着いたのである。

 

だか。

 

僕は、最初にも述べたように。

 

(ソロはソロで、グループでもソロであるべきだと。)

 

基本僕は、完全一人でやる。

 

ソロキャンが好きなんだと。

 

最近。いや

 

前から思っていた。

 

だか。 ソロだと少し寂しい。

 

けども。 やはり。 

 

ソロがいい。

 

そんな日曜日の昼2時過ぎに。

 

切なさを感じる。

 

お父さんの休日でした。