銀の日常

僕の日常とこれからの物語

第一次会社員時代 自己分析

1 友人がやってきた

とある日、友人がお金返してくれと家にやってきた。

東京時代にお金を借りた友人だ。


「ありがとう」

「けど今はお金ないから働いて返すね。」

友人

「わかったよ。」

両親に告げ口するわけでもなく待っててくれた。

ありがとうと伝えたい。

その時僕に
友人にお金を返すと言う目的が生まれた

僕は、働いた

バイトをして稼いだお金を友人に返し

その友人と飲みに出掛ける日々を送った

その飲み屋で、紹介された仕事をするようになり

今までフリーターだった僕は

二十歳の時初めて会社員になる。
(有名企業工場内のリフト作業員下請けの下請け)

やりたい仕事をしていたわけではない。

どちらかというと、3Kと言われる仕事だ。

キツイ、キタナイ、キケン

消費者金融の借金もまだあったので(300万ほど)とにかく働きながら返しながら、友人と毎日飲みながら

ただただ生活をしていた。

何も考えてなかった
今だけ良ければいいと思っていたのだと思う。

両親には好きなことやらせてくれたし

真面目に働こうと思って続けた。

結果

1年半で辞めた。
30代〜50代周りの大人たちが楽しくなさそうに働いてるのを見て、嫌になった。

一生この職場は嫌だ!!