銀の日常

僕の日常とこれからの物語

第二次社会人時代〜BARでのバイト

毎日一人で飲みに出掛けた

1人で飲みに行くと、友人を気にしなくて済むし、自分の時間を過ごせる。

バーカウンターにいるお客によく言われた

「若いのに1人で飲みにきてるの?珍しいね。」

(当時20歳)

1人で飲みに行くという行為自体に、なんの違和感を覚えなかった。

振り返ると小学時代から1人で遊びを見つけてきたからなのかと

その分周りよりも協調性に欠けていた部分はあるのだろうと思う。

毎日1人飲みをする生活をしていたためか、ノリとテンションの高さのおかげか

知り合いは多くなった。

行きつけの店長とも仲良くなり、いろんな場所に連れていってくれた。

毎日飲みに行くと、そっち系やあっち系の人とも絡むことがあった。

呼び出されて、ドライブをすることもあった。

その方の彼女は、スナックのママでこれもまたスゴく良くしてくれた。

いろんなこと教えてくれた。

その時知り合った、先輩からサーフィンを教えてもらったり、仕事紹介してくれたり

気付いたら仲間が増えてた

大学やめて、東京で挫折して、借金背負って

側から見たら底辺な僕だけど

今思うと当時は、仲間がいたからなんとか前を向いて生きてけたのかなと思う

本当にそう思う

ありがとう